ローゼンメイデンという漫画を読んでみました。

友達の家にあったローゼンメイデンという漫画を読んでみましたが、なかなか気に入る内容でした。簡単に説明すると人形たちが互いの魂のかけらを奪い合い、至高の薔薇人形になるために戦うという内容です。戦いに関するそれぞれの人形たちの思いは様々で、戦いに積極的なものやほかの解決方法を探そうとする人形などいろいろいます。戦いの舞台は夢の世界や現実世界などいろいろですが、戦闘シーンはそれほど激しいわけでもなかったですね。もっと過激な戦いなどもあればいいと思いましたが。また、人形だけでなく人形たちのマスターたちの心理描写も非常に面白く、主人公と自分を重ねてしまうこともありました。人形たち以外の成長が描かれていてとてもよかったです。全巻読みましたが、続編にストーリーが続いているのでまた友達に借りて読んでみたいと思います。アニメもあるそうで原作とは違ったアニメオリジナルストーリーが展開されているようです。またこれも見たいと思います。

寒いせいにしていますが、やる気が冬眠しているのです。

最近寒いせいか、色んなことが面倒になっている気がします。簡単なことで言えば問い合わせです。自分から色々聞いたり、日時なども連絡がなければこちらから確認していましたが、今はラリー制度というかわたしの番になってないときは連絡しません。そもそもちょっと小まめ過ぎてはいたのだと思いますが。あととにかく、ヒーリング楽器をしばらく弾いていません。弦楽器なので調律しないといけないのでそこがネックになっています。2台あるうち1台は家の1階にあり、すぐに時間があれば弾ける状態ではあるのですが気が進みません。音を聞けば大好きなのに困ったものです。でも来月には買う時にナビしてくださった方のイベントがあり、楽器も持って行くことになったので楽しみです。さすがに行く前に調律しておかなきゃ。悪あがきかもしれませんが、行った際にすぐに弾けないと他のオーナーさんたちにも悪いですからね。寒いからと言い訳しているのも分かっているのですが、やる気が冬眠している近頃です。

どういうつもりで言ってるのかしら?と思うこと

明らかに年下のママから、わかいよねぇ、なんかやってるの?って聞かれるときって、どんなつもりで言ってるのでしょうかね。

本気で思って言ってるとは全く思えません。

例えば私が、○っていうサプリを飲んでるの、とか、毎日こういうスキンケアをしてるの、って言ったとしたら、真に受けて教えてくれちゃってるよププって笑ってそうだし、なにもしてないって言ったら言ったで、もったいぶってるって思うとしか思えません。

女同士で何か特別なお手入れしてるでしょ?とか言うときはほとんどが、自分の方が勝っていると思ってわざと聞いていると思ってます。

私はどんなにきれいな人がいても絶対に聞きません。

その人から聞かなくてもネットで情報が得られるような内容をわざわざ聞いて勘ぐられるのはごめんだからです。

聞かれてもうまーくかわさないと、あとから陰で何言われてるかわからない社会です。

答え方ひとつで、バカにされたり妬まれたり、ほんとややこしい世界です。http://xn--n8jvk0a0rvb0271c8fev5a914b.xyz/

ホスピタリティーとはなんぞや、と感じた日。

冬になるといつも思い出す事があります。
数年前に大阪で特設のアイススケートリンクでアルバイトをしていました。
小さい所でしたので、勤務しているのは管理の人と他二人です。
場内は私が任せっきりでした。
入場は営業時間終了の30分前です。終了まで後20分位の時に家族が来ました。和歌山県から来られていて、イルミネーションとアイススケートを目的としていました。
時間的に入場出来ないと伝えるとそこをなんとか、と懇願されました。
管理者に聞きにいくと、締め処理で忙しそうに入場料は丸々払ってくれるなら、延長もできないことを了承してくれるなら、それでもいいと言われました。
家族にそのことを確認しお金を払ってもらってスケートを楽しんでもらいました。
しかしそこでは手袋の着用が必須でした。手袋を持ってきていない人たちにはお金を払って購入してもらっていました。
いつもならそのようにアナウンスしますが、私はそれではもったいないと思い手袋を貸しました。そのご家族が20分ほど楽しまれ帰って行かれました。
手袋はこのアイススケートリンクで売られており、そのままあげるよと言いました。
しかしきっちりと手袋を返しに来てくれたのです。女の子が一人ありがとうと言って私に手袋を手渡しました持って帰ってもいいよと言いましたが、本当にありがとうと言って走って母親と祖母の元へ帰って行きました。
その手袋の中には千円札が1枚挟まっていました。慌てて家族を追いかけましたが、遠くの方から手を振りながら、お辞儀をしながら帰って行かれました。
私の行動が嬉しかったようでした。そんな風に感じてもらった事が嬉しかったです。
冬になると毎年このことを思い出します

実家が近くて改めてよかったなと思う毎日です

私が住んでるアパートと実家はとても近いので、旦那さんが仕事でいない日中は、息子とよく遊びに行きます。
実家のみんなも仕事をしているので実家にいるのは飼い犬2匹と猫1匹と同居しているおばあちゃんです。
おばあちゃんはお母さんが仕事でいない時は犬の面倒をよく見てくれるし、洗濯物なども取り込んでくれます。
私は遊びに行って誰もいない時は録画して置いたアニメを息子と見たりして過ごします。
お母さんや姉がいる時にはみんなで一緒に出かけたりランチをしたりすることもあります。
やっぱり実家はずっと育ってきた家なのでとても居心地が良いし、夏は涼しくて冬は暖かいので快適です。
大好きな犬と猫もいるので行くだけで癒されるし、私が行くと大喜びで出迎えてくれます。
つくづく実家が近くてよかったなと思います。
もし実家と離れて暮らしてたら180度生活が変わってるかもと思ったりします。
私がのびのび子育てができているのは実家が近いという安心感からだと思います。脱毛ラボ 無料