此度稼業で乳房サロンに行ったときの体験だ。

 僕はOLだ。肝要で思い切り外に出てゲストや団体等にしばしばいく機会があります。今日は午前中に田舎ではそれほど広いK牛乳店に行くことになりました。ここの牛乳店先は個人のお宅に与える他カフェ等にもお届けや受け取りをしてある程度有名で常連も多いです。僕はお店先に入りました。始終はK社主と女子のY副社主と言い出し、記録や申し込みネゴ等細かい問題を最初か月に1回していらっしゃる。ですが、今日は社主、副社主ともに注文や受け取りでめずらしくいませんでした。代わりに乙女のJ君がいました。妻も親以上にやり手で売買もかしこい。問題も上手で明るく裏表の弱い方法だ。J君と記録の申し込みと、「あなたの店からしばし投機のかさを増やそうと考えてるのあなた。」と言われ嬉しかったです。ですが、今日は朝から太陽が照っていて全然暑く、店内は冷房が効いても熱かっただ。J君はたちまち机の裏側に冷蔵庫があるのですがそこからバケツを引き出しました。見ると氷水の中に入った瓶や構成の牛乳が付けられてました。「キンキンに冷えて美味いので飲んでみて。」と渡されました。瓶ははなはだ冷たかったですが、飲むと甚だ冷たくて上手く活きかえりました。最高でした。これを弾みに商談しアイディアや余談で盛り上がっていた頃でした。するとドンとシャッターが叩かれました。シャッターが勝手に開いて僕は見るとそこには年配の女性が居ました。髪がボサボサで汗だくでした。J君はそれまで含み笑いでしたが、外見が急に引き攣り不快形相になりました。私も数回見たポイントありますが田舎で近所の方法らしいのですが、常に牛乳やコーヒー、果実等も買いに現れるヒトだ。寝たきりのご彼の為に買っていくのですがだいぶ口が酷く悪態たどり着くヒトだ。「牛乳ちょうだいよ。刺々しいヤツ。」と小銭を机にばら撒いていました。年配の方法はふとバケツに使った牛乳的を見て、「あっ!これ、これちょうだいな。」とバケツの所からとろうとしてました。ですが、J君は、「スイマセンけどこれは客人や担当案件です。別のお手渡しするので。」と止めました。すると、「僕はこれがほしいんですよ。」とバケツに手段を伸ばしました。ですが、年配の人の手段がバケツに当たり、バケツの水がこぼれて牛乳(構成でしたが)が回数本床に落ちました。すると年配のヒトは「べ、弁償せえ!罰当たりめ。ただでよこしんしゃい!」と平手を出して催促しました。J君は神経に持ち堪えて「それはできません。」とはっきり答えました。私も、「あなたの手段が当たってこぼれたの見ましたが、更に弁償始める必要はないと思いますが…」とカバーに入りました。「何だとお前陣。グルか。阿呆にしおって。」と持っていた積み荷を振り回しました。これは恐ろしい。警官にでも連絡する。その前に止めよう。と思いました。ですが、みっちりK社主とY副社主が帰ってきて入ってきました。「なんかあったんか。ばあちゃん。警官行くかね。」と毅然として言いました。するとばつが悪そうに「今日は我慢するわ。買わん。」そんなに言って机の小銭を取り立てしすごすごと帰っていきました。事後K君たちと話しながら商談しました。年配の方法は以前はあんな方法ではないそうでしたが、ご彼の介護もありなんか変わってきたそうです。ですがお店先ができてから常に買い続けていらっしゃるヒトだ。最近は「ただでよこせ。」とか賞味期限も切れてないのに「切れてる。お腹こわす。」等の苦情も言ってくるそうです。私も行く先出くわしたらK牛乳店先の為にも手段伝囲うと思います。かなり動向は不便になりそうですなと思いながら一礼し牛乳店先を後にしました。しかし、白々しい牛乳は必ずや最高でした。おいしかったけどそういうイベントがありました。ミュゼ キャンペーン 予約 同伴