今作はほぼ自分のことが書かれているようなものですよね

本を書く人は当然、自分の頭にそういった思考があるから出てくる話なんでしょうね。まあそうですよね、自分の頭にそういう考えがなければ当然、出てこないですもんね。というのも芥川賞を受賞されたコンビニ人間を読んで思ったのです。この著者自体がコンビニで現役でアルバイトしているということで30代半ばで登場人物も同じようで、自分のことのように感じて書いているんだろうなと思ってしまいますね。30代にもなって結婚もしていないでいまだにアルバイトしている、そのやましさが書かれていて、ああ彼女がそう思っているんだなあと見受けられますね。まるで自分の今の心境を語っているような自伝のような本ですよね。周囲に30代にもなってどうしてアルバイトなんかしているの?聞かれることが嫌みたいな話ですので、ああやっぱり彼女も気にしているんだなあと。負け組みなことをきにしているんだなあと読んでいて感じますね。ほぼ今回の作品は自分を書いたようなものですよね。

人工智恵の奮闘はもうすぐそこまで来ている

近頃、韓国の有名な棋士がコンピューターと対局を何度かして1勝しかできなかったというのが大きな通信となりました。囲碁というのは、チェスや将棋よりも複雑なのでコンピューターが勝つにはちょっと先のことだろう、と誰もが思っていたのでかなりの作用でした。そんなにコンピューター、人工知力の刷新というのは早いという事が世界にバレることとなりました。
人工知力の究明の足どりと合戦は心から激しくて、ありとあらゆる科目で身辺究明されています。有名なクルマの自動運営形式はいよいよのち数年でアクティベーションされそうですし、診断の科目でもヒューマンが見つけられない腫瘍なども発見できるようになっています。ヒューマンが頑張る感じになればいいなあ、と期待しています。
一方で人工知力が活躍するゆとり、行く末ニートとなりそうな業務というのも手広く存在します。タクシー乗員もそうかもしれませんし、力仕事もマシーンが総てできるなど世界中で大きな苦しみとなっているようです。脱毛ラボ スピードコース